車の売却価格は今いくら?

おすすめの車のWeb査定業者をまとめました。

 

ズバット買取比較さんは業者提携数が多いのが強みです!

 

色々な車種に強い業者さんがいるので、予想以上の価格で買い取ってくれる場合も!?

東証一部上場企業が運営するかんたん車査定ガイドさんでは、厳正な審査を通過した業者さんのみを掲載。

 

結果もすぐ分かるので今すぐ知りたい人におすすめ

同時見積りが最大で30社から貰えるサービスです。

 

さすがにすぐには全部出てこないので時間があって、なるべく高く売りたい人におすすめです。

「カンタン車査定ガイド」の一括査定って?

 

大手の中古車買取業者30社以上が査定に参加(ガリバー等)
業者による競争入札方式なので高い買取価格になりやすい。
入力は30秒で完了。
利用はもちろん完全無料!車を売却しないという選択もありです。

 

自分が住んでいる地域や、今乗っている車の名前等を入力するとその車の買取を扱っている中古車買取業者が一覧で出てきます。どの業者を選ぶのかは自由ですし、最大で10社まで選ぶ事が出来るので出来る限り多くの業者に見積もりを出してもらいましょう。インターネットの査定では、業者と大変な思いをして交渉しなくても高い売却価格が引き出せるのでおすすめです。

 

下取りよりも専門店に売却した方が高くうれる訳

 

多くの方がやりがちなのは、ディーラーで新車を購入する時に現在の車を下取りしてもらう形をとる事です。これは確かに手間がかからないという点ではメリットもありますし、わざわざ代車を用意しなくても良い点も魅力です。ディーラーも言葉巧みに、今回は新車をお買い上げ頂いたので特別に高く買取ってくれるようなイメージを持たせてくれます。

 

でも注意して欲しいのは車の売却価格が上がったように見せて、その実、新車の割引価格が乗っかっているだけという場合です。この高く買取ってくれるように見せて、買取価格に新車の割引価格を上乗せしていただけという手口はよくある話です。

 

そういったディーラーの営業にだまされない為には、下取りしない場合の新車の価格を出してもらうのも一つの手です。

 

また一般的に下取りよりも買取の方が売却価格が高いと言われています。
なぜかと言うと、中古車を扱う業者は中古の車を専門に扱うプロであり、独自の販売ネットワークを持っているんです。ディーラーは直接消費者に販売するルートを持っていないところが多い為、結局中古車専門店に下取りした車を流す形になります。そうなると、ここで無駄な中間マージンが発生してしまいますよね。この中間マージンこそが、下取りが買取りよりも高く売れない理由となっているのです。

 

つまりディーラーが下取りした金額との差額が5万円あったとすれば、5万円査定額がアップする可能性があるという訳ですね。